集合住宅

不動産投資で失敗しないための情報~ガシガシ投資で稼ぐ~

駐車場の問題

書類

駐車場の問題もしっかりと考えるようにすることで、賃貸経営はスムーズになります。駐車場が有る場合と無い場合では経営の仕方が大きく変わってきます。特に郊外で賃貸経営をする際は駐車場が有る事が当然になるので代金の事まで考えるようにしましょう。

賃貸住宅の設備

駐車場

賃貸住宅は、便利な設備を設置する事が大事になってきます。そこまでまずは車を利用する人の事を考えます。車を所有している人のために、駐車場を設置しておくようにします。また、賃貸住宅に多くの設備がありますと、便利に生活できるという事から人気があります。

投資の利点

アパート

アパート経営は、アパートを取得して賃貸を行う事で家賃の収入を得ることだと言えます。 アパート経営はローンを設定しても、収益の家賃の収入額で弁済することができるので、スムーズに開始することのできる不動産の投資であり、多くの魅力があります。

レバレッジをかけよう

集合住宅

ローンを活用しよう

不動産投資をするのであれば、ローンを積極的に利用しましょう。ローンを利用するメリットはレバレッジをかけることができるということです。しかし、あまりに高いレバレッジをかけた状態、つまり、自己資金を極端に少なくして、借入でほとんどを賄うような形をとると、空室が生じた場合に、途端にキャッシュフローが悪くなり、優良な保有物件を手放さなければらない状況になるなど、失敗してしまう可能性があります。このような失敗を避けるためにも、ローンの割合は不動産投資全体の50%程度に抑えておくとよいです。この数値は、上場不動産投資信託を運営する運用会社でも数多く取り入れられています。資産の半分程度が自己資本であれば、空室リスクにも十分に耐えることができます。

適度な比率を知ろう

ローン割合が50%というと、自己資本をかなり用意しなければならない印象を持つ人も少なからずいますが、保有する収益物件の数が増えていくほど、それほど大きな割合ではないということがわかります。例えば、1000万円の中古ワンルームマンションを1戸だけ保有して不動産投資をしようとすると、その半分の500万円は自己資金を用意する必要がありますが、1戸目の物件のローンを完済し2戸目の物件を買う時には、フルローンでよいのです。注意するべきは1戸目のローンを返済していないのに、2戸目をフルローンで購入するというケースです。このようなケースが失敗を導くのです。過去にも不動産ファンド会社がレバレッジをかけすぎて失敗し、倒産するというケースがいくつもありました。このような事例を研究し、不動産投資を成功させましょう。